16.7 C
Tokyo
2019年10月 22日 火曜日

オウンドメディアの重要性

近年、企業が直接所有する情報発信メディアを指す「オウンドメディア」という言葉をよく目にするようになった。オウンドメディアが注目されるきっかけになったのが、社団法人日本アドバタイザーズ協会のWeb広告研究会が2010年のWebマーケティング戦略として宣言した「トリプルメディア、トリプルスクリーン戦略を考える時代」である。

オウンドメディアの重要性

近年、企業が直接所有する情報発信メディアを指す「オウンドメディア」という言葉をよく目にするようになった。オウンドメディアが注目されるきっかけになったのが、社団法人日本アドバタイザーズ協会のWeb広告研究会が2010年のWebマーケティング戦略として宣言した「トリプルメディア、トリプルスクリーン戦略を考える時代」である。

まとめサイトの影響力

近年、インターネット業界で「キュレーション」という言葉を目にする機会が増えた。キュレーションとは、博物館や美術館などで作品や資料を収集、整理してわかりやすく展示を行うことを指す。 ソーシャルメディアが普及し始めた頃から、インターネット上に存在する膨大な情報を特定のテーマで整理したページを作る人が増えているが、これらの「まとめサイト」がキュレーションサイトと表現されている。個人が簡単にキュレーションサイトを開設できるサービスとして利用者が急増しているのが「NAVERまとめ」だ。

IoT(Internet of Things)でターゲティングはどう変わるか

2013年あたりから、IoT(Internet of Things)という言葉を目にする機会が増えた。IoTとは、あらゆるThings(モノ)をインターネットに接続する技術の総称で、日本語では「モノのインターネット」などと訳されることが多い。

コンテンツマーケティングの本質

2014年に注目が集まりそうなキーワードとしては、「コンテンツマーケティング」があげられる。宣伝会議2014年2月号の「企業のデジタルマーケティングに関する実態調査」によると、広告主企業の担当者を対象に2014年に注目する手法や施策を聞いたところ、「コンテンツマーケティング」は2位にランクインした。

ライフログという言葉の認知は今一つ

あらゆるデータがデジタル化されるようになり、企業が保有・管理するデジタルデータの容量も爆発的に増加している。Symantecが2012年6月に発表した調査報告書によると、世界の企業が現在保有しているデジタル情報容量は2.2ゼタバイト(22億テラバイト)に達しており、その維持に必要なコストは年間1兆1000億ドル(約88兆円)にものぼるという。

ビッグデータの活用が競争に勝つ鍵に

今年に入って明らかに「ビッグデータ」に関するニュースや話題が増えた。ただし、ビッグデータについて明確な定義はまだ確立されていないようだ。

スマートフォン関連

Apple Watch普及の鍵を握るアプリ

2015年4月24日、Apple最初のウエアラブルデバイスとなる「Apple Watch」が日本や中国を含む世界9ヶ国で発売された。

Googleがモバイル検索で「スマホ対応」を重視へ

Googleがスマートフォン対応度をモバイル検索の結果順位の判断基準に加えると発表したことは、業界でも大きな話題になっているので、すでにご存じの方も多いだろう。

アプリストアとして影響力を増すGoogle Play

IDCが発表した世界のスマートフォン出荷台数に関する調査結果によると、2014年の総出荷台数は前年比27.7%増の13億40万台となった。

SEO対策・SEM

意外に大きかったPanda Update 4.0の影響

2015年5月20日、Googleのマット・カッツ氏は、「Panda Update 4.0」によるアルゴリズムの更新を開始したことを明らかにした。

ソーシャルメディア

スパム行為排除に力を入れるFacebook

Facebookは、ニュースフィードに優先表示する記事を決めるアルゴリズムを頻繁に変更することで知られているが、2014年8月にも大きなアップデートが実施された。

一般ユーザにも開放された「LINE@」の潜在力

LINEの国内利用者数は5800万人を突破するなど、国内で利用者が最も多いモバイルアプリとしての地位を確立している。LINEには、主に大手企業や俳優・アーチストなどの有名人が開設する公式アカウントがある。

広告料を還元する新SNS「Tsu」の波紋

アメリカのベンチャー企業Unlock Tsuが10月下旬にリリースした新しいSNS「Tsu(スー)」が日本でも大きな話題になっている。

Facebookページの投稿のリーチを高めるには

Facebookのニュースフィード表示アルゴリズムは頻繁に変更されることで有名だが、2014年に入ってからも早速大きな変更が行われた。

LATEST REVIEWS

オウンドメディアの重要性

近年、企業が直接所有する情報発信メディアを指す「オウンドメディア」という言葉をよく目にするようになった。オウンドメディアが注目されるきっかけになったのが、社団法人日本アドバタイザーズ協会のWeb広告研究会が2010年のWebマーケティング戦略として宣言した「トリプルメディア、トリプルスクリーン戦略を考える時代」である。

まとめサイトの影響力

近年、インターネット業界で「キュレーション」という言葉を目にする機会が増えた。キュレーションとは、博物館や美術館などで作品や資料を収集、整理してわかりやすく展示を行うことを指す。 ソーシャルメディアが普及し始めた頃から、インターネット上に存在する膨大な情報を特定のテーマで整理したページを作る人が増えているが、これらの「まとめサイト」がキュレーションサイトと表現されている。個人が簡単にキュレーションサイトを開設できるサービスとして利用者が急増しているのが「NAVERまとめ」だ。

IoT(Internet of Things)でターゲティングはどう変わるか

2013年あたりから、IoT(Internet of Things)という言葉を目にする機会が増えた。IoTとは、あらゆるThings(モノ)をインターネットに接続する技術の総称で、日本語では「モノのインターネット」などと訳されることが多い。

ホームページ制作

クラウドソーシングは企業に浸透するか

7月8日、日本で初めてのクラウドソーシングの業界団体「クラウドソーシング協会」が正式に活動を開始した。クラウドソーシングとは、直訳するとクラウド(Crowd=群衆)にソーシング(Sourcing=委託)するという意味で、自分のスキルや労働力を収入にしたい人に、インターネットを通じて簡単に仕事を外注できるサービスのことを指す。

Appleの新サービス「Maps Connect」の可能性

今年10月、Appleがアメリカで地図サービスの新機能「Maps Connect」の提供を開始した。このMaps Connectは、一言で説明するとGoogleの「マイビジネス」のように、マップ上に店舗情報を無料で登録できるサービスである。

B2Bサイトにスマートフォン対応は必要か

スマートフォンの普及により、Webサイトへのアクセスにおけるスマートフォン比率も上昇している。つい先日、GoogleでYouTubeの運営を担当する上級副社長は、YouTubeの視聴のほぼ50%はモバイル端末からであること明らかにした。

続々登場する新トップレベルドメイン名

2013年10月以降、新しいトップレベルドメイン名が続々登場している。トップレベルドメイン名とは、infocrest.co.jp であれば一番右にあたる「.jp」の部分のこと。

レスポンシブWebデザインは普及するか

レスポンシブWebデザインとは、PCやスマートフォン、タブレットなどスクリーンサイズが異なる端末で同じURLにアクセスしても、それぞれのスクリーンサイズに最適化されたレイアウトで表示されるWebデザイン手法のことを指す。

インターネット広告

進化を続けるYouTube広告

YouTube広告といえば、2011年3月に運用を開始した「TrueView広告」が主流になっている。いくつかのフォーマットがリリースされたが、今はコンテンツが再生される前に広告が5秒間表示されて、スキップするか広告を続けて見るかを選択できる「インストリーム広告」と、過去の視聴履歴や検索キーワードに基づいて、コンテンツとの関連性が高い動画が「関連動画」欄に表示される「インディスプレイ広告」の2つに集約されている。

進化を続けるインターネット広告のターゲティング技術

電通が発表した「2011年 日本の広告費」によると、2011年の国内インターネット広告市場規模は、大震災の影響もあって成長率は鈍ったものの、前年比4.1%増の8062億円とプラス成長を維持した。

ソーシャルメディア広告の特殊なターゲティング方法

インターネット広告といえば、AdWords広告に代表される検索連動型広告のシェアが高いが、最近ではソーシャルメディア広告を出稿する企業も増えている。

急成長するネイティブ広告が抱えるジレンマ

サイバーエージェント子会社のCyberZが2015年2月に発表したスマートフォン広告に関する市場予測によると、2014年に38億円だったネイティブ広告の市場規模は、2017年には350億円にまで拡大する見込みだという。

YouTubeの動画広告は今がチャンスか?

Cisco Systemsの予測によると、2018年にはインターネットのトラフィック全体の75%を動画が占めるという。2013年の時点で、すでに動画の比率は57%に達しており、最近ではSNSでも動画を添付した投稿や、投稿のように見える動画広告を頻繁に見かけるようになった。

細かくターゲットを絞れるソーシャルメディア広告

ソーシャルメディアの基本的なサービスは無料で利用できる。たとえばFacebookでは、企業がビジネス目的でFacebookページを開設するのも無料だ。

サイト制作

クラウドソーシングは企業に浸透するか

7月8日、日本で初めてのクラウドソーシングの業界団体「クラウドソーシング協会」が正式に活動を開始した。クラウドソーシングとは、直訳するとクラウド(Crowd=群衆)にソーシング(Sourcing=委託)するという意味で、自分のスキルや労働力を収入にしたい人に、インターネットを通じて簡単に仕事を外注できるサービスのことを指す。

Appleの新サービス「Maps Connect」の可能性

今年10月、Appleがアメリカで地図サービスの新機能「Maps Connect」の提供を開始した。このMaps Connectは、一言で説明するとGoogleの「マイビジネス」のように、マップ上に店舗情報を無料で登録できるサービスである。

B2Bサイトにスマートフォン対応は必要か

スマートフォンの普及により、Webサイトへのアクセスにおけるスマートフォン比率も上昇している。つい先日、GoogleでYouTubeの運営を担当する上級副社長は、YouTubeの視聴のほぼ50%はモバイル端末からであること明らかにした。

続々登場する新トップレベルドメイン名

2013年10月以降、新しいトップレベルドメイン名が続々登場している。トップレベルドメイン名とは、infocrest.co.jp であれば一番右にあたる「.jp」の部分のこと。

メールマーケティング

気になるメールマガジンの到達率

近年、メールマガジンの反応が悪くなったという話をよく耳にする。メールマガジンの内容がマンネリ化してしまい、次第に読まれなくなるのは仕方ないことかもしれない。

メールマガジン読者の質を高めるには

メールマガジンは、顧客や見込み客に対して定期的に情報を配信する手段として、すでに多くの企業に活用されている。特に、消費者を対象としたECサイトで導入率が高い。

メールマガジンやメールDMの開封率

LINEが企業向けに公式アカウントの提供を開始したのは2012年6月のこと。それから1年2ヶ月後、2013年8月にローソンの公式アカウントの友だち数が初めて1000万人を突破した。

メールマガジンを活性化する工夫

メールマガジンは、見込み客育成の手段として、最も広く使われている手法の一つである。購読者の受信箱に直接メッセージを届けられるメールマガジンは、非常に強力なマーケティングツールであることは間違いない。

コラム

IoT(Internet of Things)でターゲティングはどう変わるか

2013年あたりから、IoT(Internet of Things)という言葉を目にする機会が増えた。IoTとは、あらゆるThings(モノ)をインターネットに接続する技術の総称で、日本語では「モノのインターネット」などと訳されることが多い。

ライフログという言葉の認知は今一つ

あらゆるデータがデジタル化されるようになり、企業が保有・管理するデジタルデータの容量も爆発的に増加している。Symantecが2012年6月に発表した調査報告書によると、世界の企業が現在保有しているデジタル情報容量は2.2ゼタバイト(22億テラバイト)に達しており、その維持に必要なコストは年間1兆1000億ドル(約88兆円)にものぼるという。

ビッグデータの活用が競争に勝つ鍵に

今年に入って明らかに「ビッグデータ」に関するニュースや話題が増えた。ただし、ビッグデータについて明確な定義はまだ確立されていないようだ。

新着のコンテンツ

オウンドメディアの重要性

近年、企業が直接所有する情報発信メディアを指す「オウンドメディア」という言葉をよく目にするようになった。オウンドメディアが注目されるきっかけになったのが、社団法人日本アドバタイザーズ協会のWeb広告研究会が2010年のWebマーケティング戦略として宣言した「トリプルメディア、トリプルスクリーン戦略を考える時代」である。

まとめサイトの影響力

近年、インターネット業界で「キュレーション」という言葉を目にする機会が増えた。キュレーションとは、博物館や美術館などで作品や資料を収集、整理してわかりやすく展示を行うことを指す。 ソーシャルメディアが普及し始めた頃から、インターネット上に存在する膨大な情報を特定のテーマで整理したページを作る人が増えているが、これらの「まとめサイト」がキュレーションサイトと表現されている。個人が簡単にキュレーションサイトを開設できるサービスとして利用者が急増しているのが「NAVERまとめ」だ。

IoT(Internet of Things)でターゲティングはどう変わるか

2013年あたりから、IoT(Internet of Things)という言葉を目にする機会が増えた。IoTとは、あらゆるThings(モノ)をインターネットに接続する技術の総称で、日本語では「モノのインターネット」などと訳されることが多い。

コンテンツマーケティングの本質

2014年に注目が集まりそうなキーワードとしては、「コンテンツマーケティング」があげられる。宣伝会議2014年2月号の「企業のデジタルマーケティングに関する実態調査」によると、広告主企業の担当者を対象に2014年に注目する手法や施策を聞いたところ、「コンテンツマーケティング」は2位にランクインした。

ライフログという言葉の認知は今一つ

あらゆるデータがデジタル化されるようになり、企業が保有・管理するデジタルデータの容量も爆発的に増加している。Symantecが2012年6月に発表した調査報告書によると、世界の企業が現在保有しているデジタル情報容量は2.2ゼタバイト(22億テラバイト)に達しており、その維持に必要なコストは年間1兆1000億ドル(約88兆円)にものぼるという。

ビッグデータの活用が競争に勝つ鍵に

今年に入って明らかに「ビッグデータ」に関するニュースや話題が増えた。ただし、ビッグデータについて明確な定義はまだ確立されていないようだ。

クラウドソーシングは企業に浸透するか

7月8日、日本で初めてのクラウドソーシングの業界団体「クラウドソーシング協会」が正式に活動を開始した。クラウドソーシングとは、直訳するとクラウド(Crowd=群衆)にソーシング(Sourcing=委託)するという意味で、自分のスキルや労働力を収入にしたい人に、インターネットを通じて簡単に仕事を外注できるサービスのことを指す。

マーケティングの成果を十分に測定できているか

CNET Japanは、2014年6月から7月にかけて、会員登録している企業のマーケティング担当者を対象に、マーケティング活動に関する現状や課題に関する調査を実施した。

スパム行為排除に力を入れるFacebook

Facebookは、ニュースフィードに優先表示する記事を決めるアルゴリズムを頻繁に変更することで知られているが、2014年8月にも大きなアップデートが実施された。

短期間で見込み客をファン化する「プロダクトローンチ」

インターネットを活用したマーケティング手法の多くは、アメリカで実績を上げた後に日本式にアレンジされたものである。数年前から日本でも知られるようになった手法の一つに、「プロダクトローンチ」がある。

よく読まれる記事

オウンドメディアの重要性

近年、企業が直接所有する情報発信メディアを指す「オウンドメディア」という言葉をよく目にするようになった。オウンドメディアが注目されるきっかけになったのが、社団法人日本アドバタイザーズ協会のWeb広告研究会が2010年のWebマーケティング戦略として宣言した「トリプルメディア、トリプルスクリーン戦略を考える時代」である。

まとめサイトの影響力

近年、インターネット業界で「キュレーション」という言葉を目にする機会が増えた。キュレーションとは、博物館や美術館などで作品や資料を収集、整理してわかりやすく展示を行うことを指す。 ソーシャルメディアが普及し始めた頃から、インターネット上に存在する膨大な情報を特定のテーマで整理したページを作る人が増えているが、これらの「まとめサイト」がキュレーションサイトと表現されている。個人が簡単にキュレーションサイトを開設できるサービスとして利用者が急増しているのが「NAVERまとめ」だ。

IoT(Internet of Things)でターゲティングはどう変わるか

2013年あたりから、IoT(Internet of Things)という言葉を目にする機会が増えた。IoTとは、あらゆるThings(モノ)をインターネットに接続する技術の総称で、日本語では「モノのインターネット」などと訳されることが多い。

コンテンツマーケティングの本質

2014年に注目が集まりそうなキーワードとしては、「コンテンツマーケティング」があげられる。宣伝会議2014年2月号の「企業のデジタルマーケティングに関する実態調査」によると、広告主企業の担当者を対象に2014年に注目する手法や施策を聞いたところ、「コンテンツマーケティング」は2位にランクインした。